駅コンコースの「滑り抵抗係数(CSR'値)」の調査

都内にある駅コンコースのタイル貼り床の滑り性試験に伺いました。新たに防滑改修を行った床の効果確認、既存床との比較のための試験です。

※一般社団法人床の滑り測定協会(協同組合防滑業振興協会認定測定機関)受付の測定です。

駅コンコースタイル貼り床の滑り性試験

駅コンコースタイル

何年か前に防滑改修を行い経年変化したタイルと、新たに防滑改修を行ったタイルのCSR'値の比較を行うため、滑り性試験を行いました。
また、区画ごとに順次改修を行うため、この両タイル間の「滑りの差」が大きく開かないようにすることもポイントとしているようです。改修をすることで差が大きくなり、反って転倒事故が増えてしまった、このようなご相談もありますので注意が必要です。

測定データ

項目測定条件
測定面タイル
測点数全2測点
滑り片の種類硬さA80、厚さ5mmのゴムシート
床の表面状態乾燥状態/水+ダスト散布状態