簡易CSR'測定(滑り性試験)のご案内

防滑テクニカルサポートでは、床の表面状態を手軽に知っていただくため、一部地域限定ではありますが、通常の測定とは異なる、「簡易CSR測定」を行っております。

滑り抵抗係数の調査のご依頼には、お客様や発注者様への作業完了報告等を目的としたご依頼とは別に、自社物件の管理のため、お客様へ防滑提案を行う材料としてご依頼をいただくケースも多くあります。
歩行量が多い床面などは、数ヶ月で床の滑り抵抗係数が急激に下がることもあります。防滑改修を行った床も、半年、1年、2年と凹凸具合も変わりメンテナンスのタイミングを計る必要があります。
このようなニーズにお応えできるよう、防滑テクニカルサポートでは「簡易CSR'測定」を行っております。

※こちらの測定は、現地でCSR値を確認いただくことを目的としております。報告書の発行をご希望の際は、「現地CSR値測定」のページをご確認ください。

簡易CSR値(滑り抵抗係数)測定

① CSR測定の費用をご確認ください

区分項目測定費用(税別)
標準測定標準測定(乾燥・湿潤) 3測点まで60,000円
交通費(東京都中野区~)実費
オプションCSR測定 4測点以降10,000円/1測点
介在物 1項目測点数×5,000円

mail:info@nonslip.jp / TEL:03-3381-2562

② 測定条件の選択

CSR値の測定では、「ナニ」で「どのような表面状態」を測るのかで、CSR値が大きく異なります。JIS A 1454の中で規定する、「ナニ(ゴムシート)」と「表面状態」を以下の中から選択してください。

滑り片(ゴムシート)「JIS A 1454 17.4 a)」の選択

❶ 硬さA80、厚さ5mmのゴムシート(硬め)
【JIS規格】硬さA72-A80、厚さ3-6mmのゴムシート(一般的な靴底相当)

❷ 硬さA30、厚さ8mmのゴムシート(柔らかめ)
【JIS規格】硬さA29-A35、厚さ7-10mmのゴムシート(運動靴相当)

❸ その他:実際に使用している靴底など

※ご指定が無い場合は、❶のゴムシートで測定をします。

※❶❷以外の硬さ、特定の靴による測定をご希望の際は、事前にご用意くださいますようお願いいたします。

※転倒事故に伴う訴訟関連のCSR測定、靴下や室内用スリッパの滑りに関しては、【3】その他、に該当します。

表面状態「JIS A 1454 17.4 a)」の選択

❶ (標準)清掃・乾燥状態

❷ (標準)湿潤状態(介在物:水道水)

❸ (オプション介在物)ダスト散布状態

❹ (オプション介在物)水+ダスト散布状態

❺ (オプション介在物)油散布状態

❻ (オプション介在物)その他 受渡当事者間の協定による

③ 「見積書兼注文書」をメール又はFAXで送付ください。

見積のご依頼は、下のPDFファイル、またはエクセルファイルをご記入の上、メール・ファックスでお送りください。

  • 現地CSR測定御見積書依頼書【PDF】
  • 現地CSR測定御見積書依頼書【エクセル】

mail:info@nonslip.jp / FAX:03-3381-2563

④ 見積書発行

メールにて正式な見積書を送付いたします。

⑤ 測定日の調整

見積書の内容にご了承いただけましたら、測定日の調整に進みます。

⑥ CSR測定

決定した日時に伺い測定を行います。CSR値は当日確認いただけます。

※東京都中野区より伺えるエリア限定となります。詳細はお問い合わせください。

※平日、日中のみのお伺いとなります。

⑦ 測定費用のお支払い

当社指定の口座へお振込みをお願いいたします。
※お支払い日(締め日・支払日)は「見積書兼注文書」の記入欄に記載してください。
※振込手数料は貴社負担にてお願いしております。