ウルトラハイグリップ「PTS」

ウルトラハイグリップ「PTS」詳細

PTSとは

PTSは、特殊熱可塑性樹脂と形状の異なる骨材を組み合わせ、床材表面に物理的な凹凸(ザラザラ)を付ける、熱溶射の滑り止めです。
低温軟化する樹脂を採用することで、現地での防滑加工を可能にします。
鉄・ステンレス素材の防滑に高い密着力を発揮します。

PTS滑り止めイメージ

  • グレーチング|BEFORE
  • マンホール|BEFORE
  • グレーチング|ZoomOut
  • グレーチング
  • グレーチング
  • グレーチング
  • グレーチング|AFTER
  • マンホール|AFTER
  • グレーチング|ZoomIn
  • グレーチング
  • グレーチング
  • グレーチング

防滑に適した床

PTS防滑仕上げは、鉄、ステンレス素材専用の滑り止めです。 歩道のマンホール、縞鋼板、グレーチン等の転倒防止に最適です。
滑り止めの仕上げには様々なタイプがあります。仕上げごとに、向き不向きもあります。不適切な仕上げを行うことで、滑り転倒事故のリスクを高めてしまうこともあります。
>>防滑適性・防滑可能床材

【PTSの適した床】
○歩道のマンホール
○厨房の油、洗剤で滑るグレーチング
○段差解消のために設置した縞鋼板
【PTSの適さない床】
×鉄・ステンレス以外の床材

シャークグリップ滑り止め仕様・防滑フロー

シャークグリップ防滑フロー

PTS防滑仕上げは、特殊熱可塑性樹脂で物理的な凹凸を付ける滑り止めです。
@下地調整
A専用プライマー塗布
Bプレヒート
CベースPTS樹脂散布
D防滑PTS樹脂散布+骨材散布
EトップPTS樹脂散布
の工程で仕上げます。低温軟化樹脂を採用することで、現地での滑り止めを可能にし、且つ短時間での転倒防止を可能にします。

>>PTS防滑フロー詳細【画像付き】

UV照射

PTS滑り止め仕様

PTS防滑仕様

シャークグリップは、4層のコーティングで防滑を行います。
@専用プライマー
自社開発の特殊プライマーで、床と材料の密着を高めます。
AベースPTS樹脂
床と防滑面の密着を高め、同時に重歩行の緩衝材の役割を担います。
B防滑PTS樹脂+骨材
油や洗剤の滑りに対しても高い防滑力を発揮します。
CトップPTS樹脂
トップPTS樹脂を散布することで、凹凸部の長期的な維持を可能にします。

防滑仕上げ「PTS」特長

供試体CSR測定0.8以上の高い防滑性

PTS防滑仕上げはこれまで、歩道のマンホール、厨房等のグレーチング等、多くの転倒防止対策を行っています。
滑りの原因が油であること、段差解消のため設置した傾斜の縞鋼板等、転倒リスクの大きい環境下にあることが多く、より高い防滑性を必要とします。
PTS防滑仕上げは、CSR滑り測定値最大0.9以上の防滑性を持ちます。更に、視認性を持たせる着色仕上げにも対応します。

PTS供試体CSR滑り測定値【国土交通省認可防滑業振興協会】
・滑り測定値最大:CSR0.98
・滑り測定値平均:CSR0.96

>>PTS防滑仕上げ粒子サイズ別CSR滑り測定値
>>CSR滑り測定値とは

滑り測定

選べる防滑仕上げ

PTSは、直接的な雨掛りする高リスク対策の仕上げと、油・洗剤の滑り、傾斜路・スロープ等、”超”高リスク対策用の仕上げ、更には、視認の要素を追加した着色仕上げの3タイプの防滑仕上げを用意しております。

>>粒子サイズ別防滑面

PTS#60 PTS#COLOR