視認性防滑

「視認性着色」詳細

階段・スロープ用視認性着色

視認性着色では、着色用無溶剤UV樹脂を利用し、視覚的な転倒防止対策を行います。その他の防滑仕上げと併用することで、視認と防滑の両性能を備えた床に仕上げることが可能です。
近年、スロープに気付かず進入してしまい、バランスを崩して転倒、階段等の段差で転倒、このような転倒事例も急増しています。
階段の先端に黄色や茶色のラインが引かれているのを目にする機会が多いと思います。これは、段差を識別し、安全な歩行環境を確保するためのものです。
床の傾斜や段差が急に変わるような場所では、このような視覚的な処置を行うことで、転倒事故を減らすことが出来ます。

視認性着色イメージ

  • スロープ|駅構内
  • スロープ|駅構内
  • スロープ|駅構内
  • タイル
  • タイル
  • タイル
  • 階段|マンション
  • タイル

防滑に適した床

視認性防滑は、数種類のUV樹脂を組み合わせることで、石材、タイルを始め、長尺シート、Pタイル、鉄、ステンレス等、多種多様な床への滑り止めが可能です。
大規模な改修工事にすることなく、視認性と防滑性を備えた床に仕上げます。
>>防滑適性・防滑可能床材

【視認性防滑の適した床】
○傾斜路、スロープ
○階段
○工場等の通路

視認性防滑滑り止め仕様・防滑フロー

視認性防滑フロー

視認性防滑は、着色用無溶剤UV樹脂を塗布することで、床に視認性と防滑性を備えた床に仕上げます。
@下地調整
A専用プライマー塗布
BベースUV樹脂塗布
C着色UV樹脂塗布【1-3層】
D防滑UV樹脂塗布+骨材
E防汚UV樹脂塗布
の工程で仕上げます。無溶剤UV樹脂を塗布することで、少ない時間でも広範囲の転倒防止が可能になります。

>>視認性防滑フロー詳細【画像付き】

UV照射

視認性防滑滑り止め仕様【石材・タイルの場合】

視認性防滑防滑仕様

視認性防滑は、5-8層のコーティングで防滑を行います。
@専用プライマー
自社開発の特殊プライマーで、床とコーティング剤の密着を高めます。
AベースUV樹脂
床と防滑面の密着を高め、同時に重歩行の緩衝材の役割を担います。
B着色UV樹脂
ご指定の色に着色します。1-3層のコーティングです。UVライトで硬化するため、塗り重ねも短時間で行えます。
C防滑UV樹脂+骨材
別の滑り止め仕上げと組み合わせことで、用途に併せた防滑面に仕上げることが可能です。
CトップUV樹脂
高い滑り測定値CSRを維持しつつ、清掃性の高い床に仕上げます。

防滑仕上げ「視認性防滑」特長

高い防滑性

視認性防滑では、着色用UV樹脂で色付けを行った上に、その他の滑り止め仕上げを組み合わせることが出来ます。
工場等の薬品や洗剤で滑る床には「シャークグリップ」仕上げを、建物内の段差解消目的の仕上げには「メビウスコート」を併用し転倒防止を行います。

視認性防滑CSR滑り測定値【国土交通省認可防滑業振興協会】
・滑り測定値最大:CSR0.88
・滑り測定値平均:CSR0.86

>>視認性防滑CSR滑り測定値
>>CSR滑り測定値とは

滑り測定

豊富なカラーバリエーション

着色用のUV樹脂は無溶剤のため、ベースとなる黒、白、赤、青、黄、緑を調合し、お客様希望の近似色にすることが出来ます。

>>「視認性防滑」防滑面

カラーバリエーション