ホテル大浴場の防滑改修工事

都内にありますホテルの大浴場の防滑改修に伺いました。まだ新しいホテルのようですが、転倒のリスクを考え滑り止め処理を行います。

レモナグリップ防滑仕上げ

コンベンションセンター

床面にはノンスリップ用の溝が掘ってあります。これが逆に「滑りの差」を生んでしまっていることも滑りの原因となってしまいます。
また、水捌けをよくするための勾配と、石鹸残りが組み合わさることで、これまたリスクを高めてしまっております。
今回の防滑改修は、濃度の高いレモナグリップで表面全体の抵抗力(摩擦力)を高める処理を行います。これに従来の溝や勾配が加わることで、より滑りにくい床面に仕上がります。
日々のメンテナンス業者様にも防滑面の維持管理をお願いすることで長く滑りにくい床を保ちます。

項目防滑データ
床の種類石材
数量約56平米
防滑仕上げレモナグリップ#STRONG
作業工程①防滑前CSR'値測定
②前洗浄
③レモナグリップ防滑処理
④中和処理
⑤リンス
⑥防滑後CSR'値測定
  • 防滑作業
  • CSR'値測定
  • CSR'値測定