ファッションビルエントランスの防滑改修工事

大阪府大阪市にあります、ファッションビルの管理会社様より連絡をいただき、エントランスのタイル貼り床の防滑改修工事に伺いました。後日、協同組合防滑業振興協会の協会員様に協力いただき、CSR'値(滑り抵抗係数)の測定も行っております。

レモナグリップ防滑仕上げ

ファッションビル

今回の滑り止めは、外から中へ、徐々にCSR'値(滑り抵抗係数)を下げていく仕様で行いました。これは、防滑改修を行った床と行っていない床の「滑りの差」を小さくすることを目的とした処置です。
2種類の濃度のレモナグリップ防滑溶剤と、接触時間の調整により差を解消します。 仕上げには、ウルトラガードによる表面浸透剤により、汚れの付着を最小限に抑えます処理を行います。

項目防滑データ
床の種類タイル
数量約98.7平米
防滑仕上げレモナグリップ#alfa※参考値:湿潤時供試体CSR'値=0.66
レモナグリップ#STRONG※参考値:湿潤時供試体CSR'値=0.71
作業工程①前洗浄
②レモナグリップ防滑処理
③中和処理
④リンス
⑤ウルトラガード防汚処理
  • ウルトラガードウルトラガード塗布
  • CSR'値(滑り抵抗係数)測定CSR'値(滑り抵抗係数)測定