高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準

高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準の「床の滑り」評価指標

平成24年度の「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」の改定に伴い、新たに「床の滑り」に関する項目が追加となりました。これにより、床の滑りの評価として、「滑り抵抗係数(CSR:Coefficient of Slip Resistance)」として示すことが可能になりました。

高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準

平成24年8月に改定されたバリアフリー法の中には、『床の滑りの指標として、JIS A 1454(高分子系張り床材の試験方法)に定める床材の滑り性試験によって測定させる滑り抵抗係数(C.S.R)を用いる。』との記載があります。

バリアフリー新法の詳細は以下の通りです。(以下抜粋)

4.10 床の滑り

床の材料及び仕上げは床の使用環境を考慮した上で、高齢者、障害者等が安全かつ円滑に利用できるものとする。

(1)履物着用の場合の滑り

床の種類単位空間等推奨値(案)
履物を履いて動作する床、路面 敷地内の通路、建築物の出入口、屋内の通路、階段の踏面・踊場、便所・洗面所の床C.S.R=0.4以上
傾斜路(傾斜角:θ)C.S.R−sinθ=0.4以上
客室の床C.S.R=0.3以上

(2)素足の場合の滑り(※ここでは大量の水や石鹸水などがかかる床を想定)

床の種類単位空間等推奨値(案)
素足で動作し大量の水屋石鹸水などがかかる床 浴室(大浴場)、プールサイド・シャワー室・更衣室の床C.S.R・B=0.7以上
客室の浴室・シャワー室の床C.S.R・B=0.6以上

(3)滑りの差

突然滑り抵抗が変化すると滑ったりつまずいたりする危険が大きいため、同一の床において、滑り抵抗に大きな差がある材料の複合使用は避けることが望ましい。