CSR(Coefficient of Slip Resistance)とは

床の滑りの評価基準「C.S.R(滑り抵抗係数)」

平成24年8月、「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」(バリアフリー新法)の改定により、床の滑りの評価基準はC.S.R(滑り抵抗係数)になりました。

国土交通省のHP内にも、「主な改訂内容としては、これまで記載されていなかった床の滑りに係る評価指標及び評価方法等について記述を充実したほか、・・」との記載があります。

防滑テクニカルサポートでは、国土交通省認可防滑業振興協会認定の「滑り測定士」により、C.S.Rを測定します。

C.S.R(滑り抵抗係数)とBPN(滑り抵抗性)の違い

C.S.RとBPNは、どちらも”滑り”に関する評価指標です。この2つの違いは、”どこ”の滑りを測定するか、”何”に対しての滑りを測定するかで異なります。

ppsm

ONO・PPSM

C.S.R(滑り抵抗係数)は、人の歩行を忠実に再現した滑り測定機(O-Y・PSM/ONO・PPSM)により得られる値です。履物・素足で歩行する床への測定に用いられます。

振子式スキッドレジスタンステスタ

英国式ポータブル・スキッド・レジスタンス・テスター

BPN(滑り抵抗性)は、走行車両の安全性を担保する性能要件であり、主に車道(アスファルト)に対する測定値です。下の測定機によりBPNは得られます。