CSR(Coefficient of Slip Resistance)とは

床の滑りの評価基準「CSR(滑り抵抗係数)」

CSR(滑り抵抗係数)は、新たな床の滑りの評価指標です。人の歩行する床面では、このCSR値を参考に管理していくことが大切です。

これまで滑りに関する数値、基準には、様々な学説があり、統一した規格が存在しない状態でした。そのため、発注者、工事業者、管理者、材料メーカー共に、何をもとに安全性を確保すべきか不明瞭でした。

しかし、平成24年8月、「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」(バリアフリー新法)の改定により、床の滑りの評価基準はCSR値(滑り抵抗係数)が採用になりました。 国土交通省のHP内にも、「主な改訂内容としては、これまで記載されていなかった床の滑りに係る評価指標及び評価方法等について記述を充実したほか、・・」との記載があります。

防滑テクニカルサポートでは、国土交通省認可防滑業振興協会認定の「滑り測定士」により、CSRを測定します。

評価指標CSR値の測定

新たに評価指標CSRの測定は、JIS-A-1454規定の測定機「OY・PSM」と互換性を持つ携帯型測定機「ONO・PPSM」で行います。

ppsm

滑り測定士

国土交通省認可防滑業振興協会認定の滑り測定士が、客観的な立場でCSR測定を行います。

測定結果は、報告書として書面でお届けいたします。

CSR(滑り抵抗係数)とBPN(滑り抵抗性)の違い

CSRとBPNは、どちらも”滑り”に関する評価指標です。この2つの違いは、”どこ”の滑りを測定するか、”何”に対しての滑りを測定するかで異なります。

ppsm

ONO・PPSM

CSR(滑り抵抗係数)は、人の歩行を忠実に再現した滑り測定機(O-Y・PSM/ONO・PPSM)により得られる値です。履物・素足で歩行する床への測定に用いられます。

振子式スキッドレジスタンステスタ

英国式ポータブル・スキッド・レジスタンス・テスター

BPN(滑り抵抗性)は、走行車両の安全性を担保する性能要件であり、主に車道(アスファルト)に対する測定値です。下の測定機によりBPNは得られます。

小型犬の動作に関する床の滑り抵抗係数(CSR・D)

一般的なフローリングは、小さなお子様の歩行、摺足での歩行を考慮し適度に滑りやすく作られています。 反面、小型犬には動作しにくく、骨折や脱臼の原因になることもあります。

一般的に、CSR・Dが0.676以上で、99.9%の小型犬が支障なく動作出来ると言われています。

現地に伺っての測定、試材での測定も承っております。お気軽にご相談ください。