CSR'滑り測定をご検討中のお客様

防滑テクニカルサポートでは、床面の滑りに関する新たな評価指標「CSR値」を、JIS A 1454の規格に準拠し、客観的に測定致します。

CSR'値は、平成24年8月のバリアフリー新法(正式名称「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」)の改定により、新たに設けられた床の滑りの評価基準です。

国土交通省のHP内にも、「主な改訂内容としては、これまで記載されていなかった床の滑りに係る評価指標及び評価方法等について記述を充実したほか、・・」との記載があります。

平成24年8月
高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準

JIS-A-1454

平成26年9月
東京都福祉のまちづくり条例
※平成26年度、バリアフリー新法と同一規格となりました。

JIS-A-1454

高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準

平成24年8月に改定されたバリアフリー新法、正式名称「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」の中には、

>床の滑りの指標として、JIS-A-1454(高分子系張り床材の試験方法)に定める床材の滑り性試験によって測定させる滑り抵抗係数(C.S.R)を用いる。

との記載があります。バリアフリー新法の詳細は以下の通りです。

4.10 床の滑り

床の材料及び仕上げは床の使用環境を考慮した上で、高齢者、障害者等が安全かつ円滑に利用できるものとする。

@履物着用の場合の滑り

床の種類単位空間等推奨値(案)
履物を履いて動作する床、路面 敷地内の通路、建築物の出入口、屋内の通路、階段の踏面・踊場、便所・洗面所の床C.S.R=0.4以上
傾斜路(傾斜角:θ)C.S.R−sinθ=0.4以上
客室の床C.S.R=0.3以上

A素足の場合の滑り(※ここでは大量の水や石鹸水などがかかる床を想定)

床の種類単位空間等推奨値(案)
素足で動作し大量の水屋石鹸水などがかかる床 浴室(大浴場)、プールサイド・シャワー室・更衣室の床C.S.R・B=0.7以上
客室の浴室・シャワー室の床C.S.R・B=0.6以上

B滑りの差

突然滑り抵抗が変化すると滑ったりつまずいたりする危険が大きいため、同一の床において、滑り抵抗に大きな差がある材料の複合使用は避けることが望ましい。

CSR'滑り測定の詳細・ご案内

CSR'測定のご案内

試験項目:JIS-A-1454(17)滑り性試験

防滑テクニカルサポートでは、「協同組合防滑業振興協会」「一般社団法人すべり測定協会」の指導のもと、バリアフリー新法記載のJIS規格に則り、CSR'値を測定します。

>準拠規格:JIS A 1454

>試験項目:(17)滑り性試験

JIS-A-1454

携帯型滑り試験機「ONO・PPSM」

携帯型滑り試験機「ONO・PPSM」は、JIS-A-1454に準拠した構造を持つ滑り試験機本機「O-Y・PSM」と互換性を持つ試験機です。防滑テクニカルサポートでは、ONO・PPSMを用いてCSR'値を測定します。

ONO・PPSM

CSR'値測定結果報告書

CSR'測定が完了次第、CSR'測定報告書を発行し郵送致します。
右の報告書は供試体CSR'測定の報告書サンプルです。

CSR'測定報告書

防滑業振興協会認定滑り測定士

防滑テクニカルサポートには、国土交通省の認可団体である防滑業振興協会が発行している、滑り測定士の資格を持つ有資格者が複数名在籍しております。

滑りに関する講習、技能試験を終え、正しい知識と技術を持ち合わせた滑り測定士が、ご指定の床のCSR'値を正確に測定致します。

報告書

CSR'測定に用いる「滑り片の種類」を選択

CSR'測定では、どのような靴底での歩行を想定する(している)かが非常に重要です。実際の状況を勘案し、JIS-A-1454に規定のある、下の3種類より「滑り片」を選択いただきます。

【1】硬さA72-A80、厚さ3-6mmのゴムシート(一般的な紳士靴相当)

【2】硬さA29-A35、厚さ7-10mmのゴムシート(運動靴相当)

【3】その他:実際に使用している靴底など

※ご指定が無い場合は、【1】のゴムシートで測定をします。

※転倒事故に伴う訴訟関連のCSR'測定では、実際に使用した靴やスリッパ(【3】その他:実際に使用している靴底など)を用いて測定を行います。

「試験片表面状態」の選択

床の使用状況を考慮の上、下記の状態より最適な表面状態、介在物をお選びください。

標準測定の中には、清掃・乾燥状態、湿潤状態の2項目の測定が含まれます。別途、ダスト(ほこり)、油付着状態を選択いただくことも出来ます。

【1】(標準)清掃・乾燥状態

【2】(標準)湿潤状態(介在物:水道水)

【3】(オプション介在物)ダスト散布状態

【4】(オプション介在物)水+ダスト散布状態

【5】(オプション介在物)油散布状態

【6】(オプション介在物)その他 受渡当事者間の協定による

CSR'測定の費用

現地CSR'測定 測定費用

現地に直接お伺いをして、既存の床のCSR'値を測定します。既存の床の調査、防滑改修前後の比較、訴訟に伴う測定など、様々な目的でのご依頼に対応いたします。

CSR'測定の費用は下記の通りになります。

項目測定費用
基本料金 45,000円
CSR測定 標準5測点 60,000円
CSR測定報告書1部 15,000円
6測点以降 追加1測点 12,000円
介在物 1項目 +4,000円
交通費 実費
  • ■現地CSR'測定が完了次第、報告書を発行致します。
  • 試験体CSR測定 報告書サンプル
  • ■現地CSR'測定のご依頼の際は、下のファイルをダウンロードしお送りください。
  • 【FAX】03-3381-2563/【mail】info@nonslip.jp
  • 試験体CSR測定 見積書兼依頼書【エクセル】

試験体CSR'測定 測定費用

試験体(供試体、試材、サンプル材)を弊社にお送りいただき、CSR'値を測定いたします。試験体が到着次第、約3日ほどで測定は完了致します。(数量、時期によりお時間をいただく場合もございます。)

また、製品試験として、物性の誤差や製品誤差を考慮して、同一表面状態の試験体3〜5枚を測定し、その平均値を製品のCSR'値として利用するケースもあります。

試験体CSR滑り測定費用は以下の通りです。

測定+報告書1部費用/1試験体
標準測定(乾燥+湿潤) 12,000円
標準測定+介在物1項目 16,000円
標準測定+介在物2項目 20,000円
標準測定+介在物3項目 24,000円
  • ■試験体CSR'測定が完了次第、報告書を発行致します。原則1試験体に1報告書を発行致します。
  • 試験体CSR測定 報告書サンプル
  • ■試験体CSR'測定のご依頼の際は、下のファイルをダウンロードしお送りください。
  • 【FAX】03-3381-2563/【mail】info@nonslip.jp
  • 試験体CSR測定 見積書兼依頼書【エクセル】

(1)お送りいただく試験体のサイズは、約150mm×150mm以上でお願いします。

(2)シート状の試験体は、凹凸の無いステンレス板等に貼り付けお送りください。

(3)スリッパ・靴下等の測定を御依頼の際は、履物の同梱をお願いします。(形状によりカットする場合もあります。)

(4)測定を終えた試験体は、着払いでの返送となりますことをご了承ください。

CSR'滑り測定事例

床の滑りに関する評価指標がCSR値になったことで、CSR滑り測定のご相談が急増しております。その一例をご紹介いたします。

ペデストリアンデッキ 歩道橋 アウトレットパーク 市役所
ペデストリアンデッキ 歩道橋 アウトレットパーク 駅 市役所
商業ビル 商業施設 街路 街路 コンビニ
商業ビル 商業施設 街路 街路 コンビニ
イベントホール 体育館 マンホール
イベントホール 体育館 マンホール