滑り測定をご検討中のお客様
滑り止め工事をご検討中のお客様

滑り測定に関するご案内

  • CONTENTS
  • ・既存床の現地調査・C.S.R'滑り測定のご相談・ご依頼
  • ・防滑改修工事に伴う床の滑り測定のご相談
  • ・転倒事故に伴う現地滑り測定のご相談
  • ・床材メーカー様向けサンプル床材滑り測定のご相談
  • ・滑り測定・転倒防止・防滑に関する説明会のご依頼

滑り止め工事・転倒防止対策に関するご案内

  • CONTENTS
  • ・転倒防止対策・防滑対策に関するご相談
  • ・防滑工事前の床材選定に関するご相談
  • ・法律改正の資料及び説明のご相談・ご依頼
  • ・防滑工事助成金制度のご案内
  • ・滑り止め工法のご説明及びご相談

C.S.R'滑り測定What'New

  • ・201507|駅構内防滑工事前C.S.R'測定実施
  • ・201410|駅構内改修工事に伴うC.S.R'測定実施
  • ・201409|駅構内改修工事に伴うC.S.R'測定実施
  • ・201409|駅構内既存床C.S.R'測定実施
  • ・201406|供試体C.S.R'測定実施

転倒防止対策What'New

  • ・201608|飲食店石材床シャークグリップ滑り止め工事
  • ・201608|駅階段段鼻視認性滑り止め工事
  • ・201608|駅階段段鼻視認性滑り止め工事
  • ・201607|駅ビルタイル床メビウスコート滑り止め工事
  • ・201607|駅段鼻視認性滑り止め工事

infomation

  • ・誠に勝手ながら、5月3日〜6日の期間中、お休みさせていただくことになりました。

防滑・転倒防止ニュースWhat'sNew

  • 201512|協同組合防滑業振興協会「防滑講習会」実施
  • 201510|協力店道路安全施設様「テクノフェアin九州2015」出展
  • 201410|協力店道路安全施設株式会社様「エコテクノ2014」出展
  • 201409|IC研究会「メビウスコート初期研修」実施
  • 201409|「LICフェス2014in東京」出展
  • >>防滑インフォメーション

C.S.R(Coefficient of Slip Resistance)

高齢者、障害者等の円滑な移動に配慮した建築設計標準

2012年8月改定のバリアフリー新法(高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準)には、『床の滑りの指標として、JIS A 1454(高分子系張り床材の試験方法)に定める床材の滑り性試験によって測定される滑り抵抗係数(C.S.R)を用いる。』と書かれています。

東京都福祉のまちづくり条例

2009年10月制定の東京都条例(東京都福祉のまちづくり条例 施設整備マニュアル)には、『床材の滑りにくさの指標として、JIS A 5705(ビニル系床材)付属書に定める、「床材の滑り試験方法(斜め引張型)によって測定される、滑り抵抗係数(C.S.R.:Coefficient of Slip Resistance)」を用いる。』と書かれています。

バリアフリー新法
東京都条例

滑り止め工事性能別ラインナップ

C.S.R'滑り測定0.8以上の防滑性

無溶剤UV樹脂を利用して、床面に物理的な凹凸を付ける滑り止めです。石材・タイル、長尺・Pタイル等、多種多様な床への滑り止め工事が可能です。

屋外・屋内の床への転倒防止、プールサイド等常時湿潤の床、油分の付着する床、スロープへの転倒防止に最適です。

>>防滑仕上げ「シャークグリップ」詳細

シャークグリップ
シャークグリップ

メンテナンス性重視の防滑仕上げ

完全無溶剤の米国製特殊無溶剤UV樹脂と球体の骨材を組み合わせ、床面に物理的な凹凸を付ける滑り止めです。長尺・Pタイル等の転倒防止に最適です。

滑り止め工事を行った床は、C.S.R滑り測定0.6以上の防滑性、高耐久性、メンテナンス性を備えます。

>>防滑仕上げ「メビウスコート」詳細

メビウスコート
メビウスコート

意匠性重視の防滑仕上げ

アクアグリップは、専用の溶剤を利用し、床面に微細な穴を無数に開ける工法です。この無数の穴の表面張力で滑りを止めます。

石材・タイルの素材に応じたシリーズを用意しており、床表面に過度に負担をかけることなく作業することが可能です。

強酸成分が含まれていないため、滑り止め工事後に床表面のみでなく、床内部の劣化を防ぐ点も特長です。

>>防滑仕上げ「アクアグリップ」詳細

アクアグリップ
アクアグリップ

視認性+防滑性

スロープや階段の滑り止め工事には防滑性とは別に視認性が求められます。このことは、「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」の中にも記されています。

防滑工事の際は階段には先端の位置を示す段鼻への着色、スロープには存在そのものを示す床への着色を行います。その上に防滑加工を加えます。

>>防滑仕上げ「視認性着色仕上げ」詳細

視認性着色仕上げ
視認性着色仕上げ

マンホール・グレーチング・縞鋼板用

熱可塑性樹脂を利用して、物理的な凹凸を付ける最新の滑り止め工事の技術です。滑り測定で得られるC.S.Rは0.9以上。

マンホール、グレーチング、縞鋼板等の転倒防止を目的としたこの樹脂は、無機物への高い密着力を持ち、耐久性にも優れています。

厨房内の油・洗剤の滑り、工場内の薬品の滑り。これらの滑り止め工事に最適です。

>>防滑仕上げ「PTS」詳細

PTS
PTS

防滑インフォメーション